2017年05月31日

英単語が1単語15秒で覚えられる『イラスト記憶法で脳に刷り込む英単語1880』


イラスト記憶法で脳に刷り込む英単語1880【電子書籍】[ 吉野邦昭 ]


 
 英語って難しい?って思う人が多いと思います。そんな人にオススメしたいのが『イラスト記憶法で脳に刷り込む英単語1880』(著者吉野邦昭、永井堂元)です。しかし、この本のコンセプトは英単語が1単語15秒で覚えられるっていうもの。誰もが「え、ホントかな?」というのが正直なところではないでしょうか。

 パラパラめくってみると、それほど難しい単語はないように思えるかもしれません。しかし、すべて完璧に覚えているという人も意外に少ないのが実情です。

 英語が苦手な人や初心者は、最初から通してやってみてもいいですし、ある程度英語力がある人は苦手単語を減らすのに役立つはず。また、イラストで覚える、イメージで覚えるという単語集はほかにもありますが、
脳のクセまで意識しているものは少ないかも。TOEICに的を絞っているところも魅力的で、TOEIC受験者にとってはかなり役に立つ1冊といえるかもしれません。


イラスト記憶法で脳に刷り込む英単語1880
posted by あらいこだい at 06:00| Comment(0) | おすすめの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「真」のナニワの商人の商売の真髄を上泉雄一アナウンサーが書いた書「儲かりまっか?の経営道 客をガッチリ喜ばせる23の人気沸騰術」(上泉雄一著)


儲かりまっか?の経営道 客をガッチリ喜ばせる23の人気沸騰術


 MBSテレビの深夜人気の関西ローカル番組「~オトナ度ちょい増しTV~おとな会」。その司会進行をしているのが上泉雄一MBSアナウンサーです。その上泉アナウンサーが書いた著書「儲かりまっか?の経営道 客をガッチリ喜ばせる23の人気沸騰術」が発売となりました。

 「ナニワ的独創性」で、景気の荒波にも負けない元気な会社の儲かる仕組みって?サービス精神&チャレンジ精神あふれる関西の経営者の発想と熱い思いに上泉アナウンサーが迫りました。

 中身は難しい経理の話や数字の話ではなく、あくまでヒットを生み出した愛情たっぷりの関西経営者の皆様の「物事の考え方、捉え方」を筆者なりにまとめたもの。

○「うまい日本酒を飲ませたい」と日本酒のビルを作った男
○土俵際に追い詰められた老舗豆腐店がまさかの復活
○ソフトクリームシェアNo.1「日世」の飽くなき挑戦
○コスト削減とおもてなしを両立したスーパーホテル
○行列ができる塩昆布店「神宗」の超こだわり

 などなど、元気な会社をたくさん紹介しています。


 このほか、「儲かる仕組みを聞きたい! 」と題し、大倉忠司氏(鳥貴族社長)、小嶋淳司氏(がんこフードサービス会長)、中井政嗣氏(千房社長)、小宮一慶氏(小宮コンサルタンツ代表)への特別インタビューも掲載。「真」のナニワの商人の商売の真髄を上泉アナウンサーの言葉を通じて知ってください。



儲かりまっか?の経営道 客をガッチリ喜ばせる23の人気沸騰術 [ 上泉 雄一 ]


posted by あらいこだい at 06:00| Comment(0) | おすすめの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
QRコード