2019年10月30日

『クレジットカードの知っ得こと』が絞り込み検索を追加!希望の条件からピッタリのカードを探す

 

 世界5大メジャークレジットカードブランドといわれるのはVISA、Master、アメックス、JCB、ダイナースカード。しかし、発行している種類はいうと実に数が多く、またカードごとに特徴も大きく異なります。一体にどれを選べばいいのかわからないという人も多いことでしょう。

 そんな際にピッタリなのが、ウェブスターマーケティング株式会社が運営する、クレジットカード比較・情報サイト『クレジットカードの知っ得こと』です。年会費・発行時間・付帯サービスなどあらゆる条件からあなたにピッタリのクレジットカードを見つけることができる便利なサイトです。今回、さらに
クレジットカード絞り込み検索の機能を追加し、希望の条件を選択するだけで、最適なカードが見つかる大変便利なサイトとなりました。実際に各カードの特徴もわかりやすく解説しているので、他カードと簡単に比較することも可能です。

 これなら、「クレジットカードを新たに作ろう!」となった時、何を選べばいいのか容易に見つけることができると思います。着目する点は人によって大きく異なると思います。「出張が多いから、マイルが貯まりやすく空港のラウンジが利用できるカードがいい」「ステータス性の高いカードがほしい」などなど。このサイトを使えば、そんな視点からベストチョイスのカードがきっと見つかることと思います。

 クレジットカードの選択に困っている人にはまさにおすすめのサイトです。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
posted by あらいこだい at 16:30| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「Soybean Mealセミナー2019」開催報告~高品質・高効率の米国産大豆ミール、購買決定における栄養コスト視点の重要性を示唆、アフリカ豚コレラ問題、米中貿易摩擦の影響も含めて中国市場動向も解説

 畜産飼料は、主にとうもろこしや大豆、大麦などの穀物を原料とし、飼育する動物種類、用途に応じて配合率を変えて使用されるといわれています。特に、大豆油の製造工程で搾油後に出る大豆かすを利用する大豆ミール(SBM)は、畜産・飼料業界において最も重要なタンパク源として、特に採卵鶏、肉用鶏、養豚で多く利用されています。
 10月17日に都内で開かれたアメリカ大豆輸出協会主催の「Soybean Mealセミナー2019」ではこうした内容を中心に米国産SBMの強みや利点などが報告されました。参加した飼料メーカー、搾油メーカー、商社の購買担当者、メディア関係者ら。日本は現在、SBMの約50%を、中国、ブラジル、米国など海外から輸入しており、特に米国産SBMの栄養的価値を、コストの側面からその優位性、さらに世界規模で大きな影響をもたらしているアフリカ豚コレラ(ASF)問題等を専門家が解説し、参加者たちも熱心に耳を傾けていたそうです。また、米中貿易摩擦の影響などについての解説もなされたとのこと。貿易摩擦というと工業製品に目が行きがちですが、こうした食料についても問題の1つだということを踏まえ、今後の行方も注目されると思います。こうした点を踏まえた今回のセミナーはまさに的を得たものだったのではないでしょうか。
 食料、とりわけ飼料を通じて新たな最新事情を今後も提供してもらえたらいいなと思います。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
ラベル:大豆 SBM 飼料
posted by あらいこだい at 14:25| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
QRコード