2019年11月29日

2019年12月8日(日) 個別指導塾アップビート中神駅前教室は「大学受験アドバイザー山田昌史先生」を講師に招き「大学入試説明会~傾向と対策~」を開催します!

 12月8日午後2時から、個別指導塾アップビート中神駅前教室で大学受験アドバイザー山田昌史氏を講師に招き「大学入試説明会~傾向と対策~」が開かれます。

 山田氏は通信会社の営業、学習塾の教室長を経験し、大手人材紹介会社のキャリアアドバイザーに従事。様々な業界や役職者と話す中で教育業界の課題の大きさに気づき、教育業界で最も勢いがあるITベンチャー企業ラシクに参画したプロフィールを持っています。

 ラシクはAIを用いて志望校への最短の道筋を可視化する「受験コンパス」というソフトの開発が主力事業となっており、このソフトでは全国の受験生の膨大なデータから個人にカスタマイズされた学習計画を提案することが可能なため、近年様々な方面から注目を集めています。

 2019年10月、大学入試改革の目玉となっていた「大学入試への民間英語試験の導入」が延期されることが決まり、今後も大学受験生は正確な受験情報をタイムリーに得られないと、周りの受験生と比べて不利になってしまいます。

 この講演会では昭島市、福生市、立川市の生徒や保護者の方々に「本物の大学入試情報」を提供するとともに、一般入試・推薦入試・AO入試など大学入試の「常識」から、最新の入試動向を報告します。

 来年大学受験を控えた生徒はもちろんのこと、現在高2や高1の方々にもぜひ参加して欲しい講演会です。受験は早く対応した人たちが有利なの言うまでもありません。受験生を持つ保護者の方々も是非参加して、早め早めに情報入手に取り組んでください。山田氏の講演会はそのきっかけになると思います。


2019年12月8日(日) 個別指導塾アップビート中神駅前教室は「大学受験アドバイザー山田昌史先生」を講師に招き「大学入試説明会~傾向と対策~」を開催します!

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
posted by あらいこだい at 22:49| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月27日

内外ゴム、センサー内蔵軟式野球ボール「テクニカルピッチ軟式M号球」販売開始

 軟式野球ボールの内部にセンサーを内蔵し、投球時の球速、回転数、回転軸、球種等が計測できる軟式のボールが開発されました。内外ゴムが来月2日に発売するテクニカルピッチ軟式M号球がそれ。すでに発売されているセンサー内蔵硬式野球ボール『i・Ball Technical Pitch』の軟式野球版です。

 テクニカルピッチ軟式球はIoTに対応した9軸センサー内蔵しており、計測結果は専用アプリを使いスマートフォンで分析できるというスグレモノ。しかも、大きさ、重量、表面ゴムについては、公認M号球と同等で、センサー内蔵のために内部構造を変え、公認M号球と同等のスペックを実現しています。

 今回は「投げるだけで球速等が測定できる軟式野球ボールが欲しい」という消費者の声を受け、開発してきたもの。これにより、今まで見えなかった回転数や回転軸等を数値で可視化できます。さらに、感覚に頼らない指導・トレーニングが可能にもなるため、投手の育成・コンディション管理に役立つのではないかと思います。

 私はよく知らなかったのですが、現在軟式野球の競技人口は120万人、愛好チーム数は4万チームを超えているのだそう。これは愛好家にとっては待ちに待ったボールだと言えますね。なお、J号球サイズについては、来春発売予定。これでラインナップも充実します。

内外ゴム、センサー内蔵軟式野球ボール「テクニカルピッチ軟式M号球」販売開始

ドリームニュース・ブログメディア参加記事

ラベル:軟式野球
posted by あらいこだい at 11:08| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
QRコード