2016年07月14日

アプリ開発ベンチャーの株式会社INJUS、サイボウズの「kintone」を使ったチャットbot構築サービスを2016年7月11日より提供開始

アプリ開発ベンチャーの株式会社INJUSは、サイボウズの「kintone」を使ったチャットbot構築サービスを7月11日より提供をはじめました。

アプリ開発ベンチャーの株式会社INJUS、サイボウズの「kintone」を使ったチャットbot構築サービスを2016年7月11日より提供開始


botとは、人間同士のコミュニケーションにおいて判断のいらないオペレーション部分をオートメーション化し、人件費削減や業務効率化を実現する技術です。これらを自動化によるやり取りをチャットを通して体験することがチャットボットです。個別のアプリやwebサービスを作ることなく、LINEやFacebook Messengerという、普段使いしているサービスを拡張できるようになります。

コストの削減と業務効率化がどの企業も大きな課題となっています。チャットボットは今の時代にあった顧客サービスという気がしますので、今後多くの場面での活用ができそうで期待できると思います。

技術的には業者とユーザーとで会話のルールを決め、ある用語がきたら返すという設定もできるらしいので、無駄を省き、今の時代にあったサービスに期待したいですね。


ドリームニュース・ブログメディア参加記事
posted by あらいこだい at 12:25| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
QRコード